『GOD EATER BURST』

実に、遣り甲斐のあるタイトルでした。

・仲間AIの出来がかなりよく、しかも結構喋るのでシングルプレイでも容易に「仲間と戦っている」気分になれる

・スピード感に溢れ、全体にストレスの少ない戦闘

・銃/剣を使いまわせるバトルと派手なエフェクト

・シームレスのマップ

・服装に性能が当てられていないないので、かなりコーディネイトに凝れる!

・バレット編集:個人的にはほぼ使いこなせずだけど。

・アバターカード交換:友達がしていれば、これだけでかなり楽しいでしょうねぇ。

などなど。

モンハンで生じる不満はこの作品では概ね解消されています。

とりあえず「シングルプレイで仲間と狩り」感をきっちり出せた時点で成功と言える。

更に特筆すべきは、全体を通じて流れる明確なストーリーが存在すること!そのストーリー自体..ベタな泣かせ路線かもしれないけど、SFとして成り立つ程度の厚みと深みを有しており、その辺りもこの作品を飽きさせない理由かもしれない。

一方で

・とにかくモンスターの絶対種数が少ない!本編で10種程度?

殆どの変種は色とエフェクトだけで水増しされているようなもので..

とはいえスサノオやカリギュラなど、後半戦ではアレンジが光るものも、幾つか。DLCのビーナス..すげーなぁ。

モンハン的なものは好きだけど、モンハンのストイックさに耐えられない(笑) 友達と日常的に遊べる環境にないヒトには、今更述べるまでもなく、かなり高水準なゲームタイトルなのだと思います。

物凄くよい意味で、ユーザーに媚びたというか(笑)ユーザーがほんとに遊びたいものを純粋に志向して調整されたタイトルなのだと思います。